Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2022年06月2022年07月2022年08月全て

11件中1-5件

前へ123次へ

健康・医療 6月のワクチン接種。 (2022-05-31)


 6月のワクチン接種は、
 毎週、木曜日午前10時30分から11時30分まで、
    土曜日午前10時30分から11時30分までの、
  神戸市ワクチンセンターでの、ネット予約のみの接種だけです。

 電話での予約は、数件しかできませんので、ご了承ください。

 なお、6月1日・4日・6日は、午前中若干数ありますので、
 どうしても電話で予約されたい場合は、この時間帯の予約のみお受けします

 診療時間内の、10時から12時半までに、お電話ください。

健康・医療 4回目ワクチン。 (2022-05-27)


 6月のファイザーのワクチン入庫は厳しいですが、
 6月4日までは、午前中電話で、予約できます。
 1・2・3・4回いずれのワクチンも打てますので、午前中にワクチン電話予約してください。

 6月6日以降は、ネットからの予約のみになります。
 まだ、入荷分の調整ができていないので、週何日接種できるかは不明です。

 5月28日、30・31日6月4日までの、電話予約を、ご利用ください。
 

トピックス サル痘 (2022-05-25)

サル痘の潜伏期間は5~21日(通常7~14日)とされる(WHO, 2021)。
潜伏期間の後、発熱、頭痛、リンパ節腫脹、筋肉痛などが1~5日続き、
その後発疹が出現する。
発疹は典型的には顔面から始まり、体幹部へと広がる。初期は平坦であるが、
水疱、膿疱化し痂皮化した後、発症から2~4週間で治癒する(写真2)。

発疹は皮膚だけではなく、口腔、陰部の粘膜、結膜や角膜にも生じることがあるが、
特に初期においては水痘や麻しん、梅毒などのその他の発疹症との鑑別が困難なことがある。
リンパ節腫脹を呈する頻度が高く、
類似した皮膚病変を示す天然痘との鑑別に有用とされる(Andrea M. 2014)。

健康・医療 皮膚と皮膚の接触や、近距離での飛沫(ひまつ)で感染する。サル痘 (2022-05-24)

米疾病対策センター(CDC)は,
米国内で感染症のサル痘に1人が感染し、
4人が感染している疑いがあると発表した。

 CDCによると、感染が確認された1人はマサチューセッツ州在住で、
保健当局が、この感染者と接触した200人以上を調査している。
接触者の多くは医療関係者だという。

 感染の疑いのある4人は、
サル痘ウイルスや天然痘ウイルスが属するオルソポックスウイルスへの感染が確認された人たちで、
「サル痘だと推定される状況」だとした。

 CDCの担当者はサル痘について
「皮膚と皮膚の接触や、近距離での飛沫(ひまつ)で感染する。
食料品店ですれ違っただけでは感染しない」と説明。
「主にリスクがあるのは家族や医療関係者だ」と指摘した。

社会・政治 ごまかしができない数字です。ロシアの戦死者数。 (2022-05-23)


ロシア軍の死者数について、ウクライナ軍は22日時点で2万9千人と主張。
英国防省は4月25日時点で1万5千人と推定している。
ロシア国防省は3月25日に1351人と発表して以降、新たな数字は発表していない。

 旧ソ連は1979年末、アフガニスタンの親ソ派政権に反対する勢力を抑え込むため、
同国に軍事介入したが、
88年から89年にかけて撤退した。旧ソ連軍の死者数は1万5千人程度とされる。

11件中1-5件

前へ123次へ