Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2022年06月2022年07月2022年08月全て

4749件中471-475件

前へ1....90919293949596979899100....950次へ

健康・医療 シクレソニド(商品名:オルベスコ50μg、100μg、200μg (2020-03-04)

吸入ステロイド喘息治療薬のシクレソニド(商品名:オルベスコ50μg、100μg、200μgインヘラー)が製造承認を取得した。近く薬価収載され、発売される見込みである。

 シクレソニドは、日本で発売されている成人用の吸入ステロイド気管支喘息治療薬としては、プロピオン酸ベクロメタゾン(商品名:キュバールほか)、プロピオン酸フルチカゾン(商品名:フルタイド)、ブデソニド(商品名:パルミコート)に次ぐ、4番目の薬剤となる。また、ブデソニドはドライパウダー吸入薬しかないので、ノンフロンタイプの定量噴霧吸入剤としては3番目となる。欧州では2005年から発売され、既に世界の40カ国で承認されている。

 シクレソニドは、成人用としては日本で初めて「1日1回投与」が認められた吸入ステロイド薬である(小児用ではパルミコート吸入液で1日1回投与が可能である)。これはシクレソニドが、肺内で加水分解酵素エステラーゼにより活性代謝物に変換される「局所活性化型薬剤」であり、その代謝活性物が、脂肪酸と結合して可逆的に脂肪酸抱合体を形成することで肺組織内に滞留することと関係している。エアゾール剤であることから微細粒子の割合が高く、肺内到達率が約52%と良好であることも特徴である。

トピックス 本土でも、緊急事態宣言。 (2020-03-04)

中国の国賓入国は延期。
いまだに感染多発地域の入国拒否宣言していない。
アメリカの入国禁止・渡航禁止は、織り込み積み。
これに対応して、政府は
緊急宣言を発令する用意を始めました。
 政府は改正法が成立した後、
「緊急事態宣言」を出すことを検討している。
現行の新型インフル特措法では首相が
期限や区域を定めて緊急事態を宣言できると規定しているが、
2013年に施行されて以降、宣言されたケースはない。
すべて、他国中国・米国主導の政府対策。
ご自分からの国民に対する姿勢はなし。
お願いされると、断れない関係です。


アメリカのトランプ大統領は
新型コロナウイルスに伴う渡航の規制強化について
日本に対する規制も検討対象であることを明らかにしました。

トピックス それは、困ります。 (2020-03-04)

 

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための
臨時休校が2日から全国で始まったのに伴い、
厚生労働省は、仕事を休んだ従業員に給料を全額支払った企業を対象に、

1人当たり日額上限8330円の助成金を出す新たな制度の概要を発表した。

正規雇用、非正規雇用を問わず助成する一方、
フリーランスのスタイリストやカメラマンなどの個人事業主や、
自営業者の保護者は対象外となる。

トピックス 神戸市内発生1例目。 (2020-03-03)

1.年代:40歳代
2.性別:男性
3.居住地:神戸市内
4.症状、経過:
2月27日 A医療機関を受診。発熱あり、咳症状なし。
2月29日 発熱が継続し、A医療機関を受診。
3月2日  B医療機関に入院。発熱(38℃)、軽度の倦怠感、肺炎所見あり(咳なし)感染を疑うため検体を採取。
3月3日 神戸市環境保健研究所において新型コロナウイルス感染症の検査実施し、陽性と判明(入院中)。容態は安定している。
5.行動歴:詳細は現在調査中。
新型コロナウイルスの検査ができる県立健康科学研究所(加古川市)には、
検査試薬が残り約400人分しかないことが判明。
追加で千人分を購入する予定だが、全国的に発注が集中し、
入荷の見通しは立っていないという。

県は「心配だからという理由だけでは検査はできない」として事前に
保健所などに相談するよう呼び掛けている。(前川茂之)

社会・政治 カウンタードラッグ。 (2020-03-03)

細菌兵器を作成している国は、
必ずそのウイルスが、国内時刻で、発生するのを防止するため、
カウンタードラッグを研究しています。

今回ファイザーが研究している化学物質薬剤も、
そういう場所から出てきたのかもしれません。

富士フイルムの阿鼻がんは、インフル研究から、
コロナ。サーズ、エイズなどから、米国中国イギリスカナダ台湾など、
出てくるのは当たり前。
この1年間の間に感染しなければよいのです。・…皆さん頑張りましょう。


米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は2日、
感染が急速に拡大している新型コロナウイルスに対する
の開発が米軍の研究機関で進められていることを明らかにした。

ミリー氏は国防総省で行った記者会見で
「軍の研究機関ではワクチンだけでなく、
その他の面でも一貫した取り組みが続けられている」とし、
「向こう数カ月でどのような結果が出るか待ちたい」と表明。

取り組みが進められている軍の研究施設の1つとして
メリーランド州のフォート・デトリックにある施設を挙げた。



米保健当局はこれまで、新型ウイルスに対するワクチンの開発には最大1年半かかるとの見方を示している。




[ワシントン 2日 ロイター]

4749件中471-475件

前へ1....90919293949596979899100....950次へ