Home » トピックス

表示: トピックス健康・医療社会・政治新製品 2022年06月2022年07月2022年08月全て

4749件中261-265件

前へ1....4849505152535455565758....950次へ

健康・医療 参考資料 (2021-02-25)

ロンドン=広瀬誠】

英政府は22日、
2回の接種が必要になる米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、
1回目の接種だけでも、
新型コロナによる入院や死亡を75%以上減らす効果が出たと発表した。
80歳以上に限ると、1回目の接種を受けた場合に死亡するリスクは56%減った。

 感染リスクについては、
65歳未満の医療従事者を2週間ごとに検査したところ、
1回目の接種だけで70%以上、
2回目の接種で85%低下した。
英国で流行する変異ウイルスにも高い効果が出た。

英当局幹部は「ワクチンの保護効果は完璧ではない」とし、
接種後も慎重に行動するよう呼びかけた。

 ファイザー製のワクチンは1回目と2回目の接種間隔を3週間に設定している。
英政府は1回目でも効果があるとし、
短期間で多くの人が接種を受けられるよう間隔を12週間に広げていた。

トピックス 関西地区解除の方向! (2021-02-24)


 やっと関西地区の解除が決定しそうです。

 東京関東地区は、相変わらず、人の交流が多く下がり切っていない。
 焦っています。

 関西の方も、解除になったからといって、安心できるわけではありません。

 ワクチンが接種できる時期まで、必ず今と同じ「用心」をしてください。

 かかると、本当にしんどいです。後遺症もあるようですので、
 今、かからないのが、お得です。
 もう6カ月我慢してください。

健康・医療 参考資料 (2021-02-15)

 今回のワクチンでは、重篤な副反応であるアナフィラキシーがでる確率は20-40万人に1人程度だが(注3)、例えば、抗菌薬によるアナフィラキシーは5000−1万例に1例程度(注4)、手術時の全身麻酔によるアナフィラキシーは1万症例に1例程度とされている(注5)。

 ワクチンを怖いと思う人でも、細菌感染で抗菌薬を服用したことはあるだろうし、胃癌などの癌になったら、ほとんどの人が手術を選択するのではないだろうか。ワクチンは、基本的には健康な人に接種するため、効果が見えにくく副反応の報道だけが目立ってしまうが、ほかの医療行為と比べても、特に大きなリスクがあるとはいえない。

「パンデミックを終わらせ、人と人とが接触する生活を取り戻すには、ワクチンしかありません。感染を抑えるために、かなり制限した生活をしても、押さえ込めずに広がってしまっています。今回も、二回目の緊急事態宣言をださなくなければならない事態になっています

社会・政治 沈みゆく船には乗らない政治家たち。 (2021-02-10)


 森さんを擁護するには、オリンピックの開催の有無が決定しない状態での代わりに
 する人がいないから。
 もし開催できなかったら、針のむしろ。
 すいませんのコメントしか出来やしない。・・・・イメージガタ落ち。

 小池さんが、必要な4者会議に出ないのは、
 政治的に、今この状況で、ここで、コメントし、オリンピックも含め、イメージ悪くしたくないから。
 本当は絶対に出なくてはいけない会議だと思います。

健康・医療 不妊治療と、甲状腺疾患。 (2021-02-09)

 コロナ渦中で、妊娠を希望される方、また、出産率が増えています。

 また、菅さんも推し進める今後の「不妊治療の、無料化」もあり、
 不妊外来の受診も、増えています。

 不妊検査の基本に、血液検査での、卵の発育や、ホルモンの検査などがありますが、
 その中に、甲状腺機能検査のベーシックな検査が、入っています。
 TSH(甲状腺刺激ホルモン)の値です。
 
 通常レベル2~4前後なのですが、
 挙児希望の場合
 この数値を2.5以下に整えるほうが、妊娠しやすいということが、医学的に言われています。
 婦人科・不妊外来からの紹介で、内科的にこの数値を、調整し、
 妊娠しやすさを、整えるために、当クリニックを紹介される先生方が、結構多いです。
 今回のコロナ渦で、唯一来院患者さんが増えた、現象です。

 不妊で悩まれる女性がおられましたら、一度、TSH(甲状腺刺激ホルモン)の値を、
 測定されては、いかがでしょう。

4749件中261-265件

前へ1....4849505152535455565758....950次へ